~メンタルヘルス・マネジメントを考える~
     

4.不調の発見・相談の方法

1.異変に関する発見のポイント

41.png


2.部下・同僚の話を聞く意義

部下にとっては、「話す」ことが非常に意義があります。人に相談することで、解決策を見いだせない状態を解消するのに、極めて有効な方法となります。
また、管理監督者にとっては、きちんと相談にのることが大切です。ただ、相談者と相談にのる側(管理監督者)の関係は、エンドレスではなく問題が解決した時点でいったん終了させることが重要です。

42.png


3.部下・同僚に不調が疑われた時の対応

相談にのる上でのポイントは、下記に加え「医療の橋渡し役」となり、自分自身で解決しなことである。また、留意点は、あくまで客観的な立場で聞くことである。

43.png